ノワーレの口コミ

ノワーレの口コミ情報

妊娠線は文字通り妊娠期間中に発生することが多いものです。
妊娠線などを作ることなく、妊娠期間を終えたいものですよね。

 

そういった女性に向いているのが「ノワーレ」という
メディアでも盛んに紹介されている妊娠線用クリームです。
妊娠線や肉割れへの効き目があるとされています。

 

妊娠線用クリームとしては含有されている事が殆どない「パワーヒアルロン酸」
という成分が含有されています。これは、ノワーレならではの保湿力成分です。

 

それから、ビタミンやプラセンタなどの美容作用のある成分も含有。

 

ベタベタしませんし、有害な物質も入っていませんから、
肌質に自信がない方や、小さなお子様でも無理なく使うことができますよ。

 

 

ノワーレの作用や口コミを探したところ、
このような声がたくさん寄せられているということが分かりました。

 

・使うと皮膚がかなりしっとりして、潤い作用があることが実感できます。
・柔らかく伸びの良いテクスチャーです。気持ち良く利用することができますね。
・2〜3カ月前後継続していますが、妊娠線がだんだん目立たなくなってきています。
・穏やかに肌が潤う感じがします。我が子の肌にも塗ってあげています。

 

 

妊娠線が変化しなかったという口コミもありましたが、
そのような女性の中には、まだまだ使用期間が短い人が少なくありませんでした。

 

ノワーレは短くても30日くらいは継続して塗ることを心掛けてください。
(皮膚のターンオーバーの1周が30日くらいだからです)

 

 

脂肪がたくさんある場所にこそ妊娠線が発生する傾向にあるので、
腹部周辺、太もも、乳房には絶対に使いましょう。

 

クリームの浸透性が向上する入浴後は必ず使うようにして、他には朝方に1回、
合計で1日2度塗布するのがおすすめです。
優しくじっくりと塗布してくださいね。

 

 

保湿作用に優れており、刺激性の高い成分は不使用ですから、
顔面に塗布してもOKです。

 

 

妊娠線の対策をしたいという女性は、
ノワーレに挑戦してみてはいかがでしょうか。
返金保証システムもありますので、注文しやすいかと思います。

妊娠線の出来やすい人の特徴

妊婦さんの多くが経験している妊娠線。
実はこの妊娠線には、出来やすい人と出来にくい人がいるようです。

 

妊娠線が出来やすい人の特徴や、体質などといった原因を探っていきましょう。

 

 

◆原因その@:乾燥肌
妊娠線や肉割れは、急激な皮膚の伸長により、耐えられなくなった
真皮が断裂して起こる現象です。

 

皮膚は外側から「表皮」・「真皮」・「皮下組織」となっていますが、
表皮は柔らかいものの、真皮には柔軟性がなく、急激に伸びてしまうことに
耐えられなくて裂けてしまうのです。
そのため線や筋となって表面に現れてしまいます。

 

肌が乾燥すると、伸縮性や弾力が失われてしまうので、
乾燥肌である人は、避けてしまいやすいという結果になるのです。

 

妊娠すると、多くの人がホルモンバランスを崩してしまいます。
水分代謝も活発になってしまうので、妊娠前に比べると、
乾燥肌になりやすいのです。

 

当然、元々乾燥肌である人はなおさら、注意が必要となります。

 

妊娠中期以降のお腹の大きさを考えて、初期の頃から、
保湿を毎日しっかり続けていくことで妊娠千野予防が出来ます。
もしも出来てしまったとしても、線の太さや本数などを
保湿を十分行っていれば、ある程度抑えることが出来ます。

 

 

◆原因そのA:急激な体重増加
女性は妊娠すると、出産までにかなりの体重増加があります。
本来、妊娠初期から出産までの体重増加は8キロ前後までが望ましいのだとか。

 

しかしながら、妊娠中は食欲低下や逆に食欲増加など色々な変化があり、
なかなか体重管理をしていくのは難しいことです。

 

お腹の赤ちゃんのためにも栄養摂取を頑張ってしまったり、体重増加を
つい気にせず食べ続けてしまったりすることもあります。

 

結果的に赤ちゃんの成長とは関係なく、体重が増加してしまったということも。

 

体重増加によって、皮膚も当然伸びていきます。
お腹だけに限らず二の腕や太もも、お尻などあらゆる部位に脂肪がたまるのです。

 

このような急激な体重増加で真皮が耐えることが出来なくなってしまいます。

 

妊娠中、後々のことを考えて、初期からしっかり体重管理をしたいですね。

 

 

◆原因そのB:筋肉がつきすぎている人
筋肉がしっかり付いている人は、体が引き締まっていますよね。
引き締まった体の皮膚は、急な体の変化についていくことが困難なことがあります。
皮膚が伸びてしまうことに順応出来ないようです。

 

言われてみれば、がっちりした筋肉の人は、肌にたるみがなく、張っています。
つまんでみたとしても、皮膚は伸びません。

 

とはいえ、妊娠線を出来にくくするために筋肉を落とす必要はありません。
肌の弾力を保つために、保湿の面できちんとケアしていくことで、大きな問題は起こりません。

 

それどころか、筋肉が多いと基礎代謝もあがるので、
上手に付き合えば、体重増加を阻止してくれそうですね。

 

 

上記のような原因が妊娠線を出来やすくしてしまいます。
このような体質が当てはまるという人は、諦めてしまう必要はありません。
しっかりケアしていくことで改善出来るので、自分に合ったケアをきちんと
行っていきましょうね。

 

妊娠初期のうちからしっかり対策を続けることで、何もしないのとは
全然違った結果が出てくるはずです。

妊娠線予防にマッサージ

多くの女性を悩ませてしまう妊娠線ですが、予防法や
ケアなどいろいろなものがあります。
中でも、多くいの人が行っていて、簡単に出来るものがあります。

 

それは「マッサージ」です。

 

そもそも妊娠線が出来てしまう理由は、急激な体重増加などで
表皮が伸びることに、真皮が順応出来ずに亀裂が入ってしまうことです。

 

マッサージをして、真皮が伸縮にしっかり対応出来る状態を作ります。
マッサージクリームやオイルを使用するとさらに効果が得られます。

 

ただし、マッサージと言っても肩こりなどの解消に行うような、
力を込めた強いマッサージではありません。

 

どの部位をマッサージするにも、撫でるような優しいマッサージを
心がけましょう。

 

マッサージというよりも「さする」という言葉の方がピッタリかもしれませんね。

 

妊娠線ケアとして行うマッサージの役割は、妊娠線が出来てしまいそうな部分を
やさしく刺激していくことで、伸びやすい状態を作っていくことです。

 

 

日常的にストレッチなどで身体をほぐしていると、柔軟性が出来ますよね。
皮膚も同様です。毎日ゆっくりと時間をかけてストレッチすることで
自然と柔らかく伸びるようになるのです。

 

軽い刺激を与えることで、周囲の血行も改善されて肌のターンオーバーも
活発に出来るのです。
妊娠線ケアしながら、健康的な肌も手に入ります。

 

早い段階からマッサージを続けていくと、皮膚が伸びる前からしっかり
柔らかく、伸縮性のある肌になっていくので安心です。

 

マッサージには副作用などのデメリットがないので、無理のないように
続けてみるといいですね。

 

 

さらに、クリームやオイルなどを使ってマッサージすることで、
摩擦が軽くなり、肌にとって優しい刺激を与えることが出来ます。

 

忘れてはいけないのが、優しく、ソフトなマッサージということです。

 

また、乳房に対するマッサージは中心に向かっていくように行いましょう。

 

・乳房上部→下へ向かって
・乳房下部→手の平全体で持ち上げるように上へ向かって

 

上記のように優しく圧力がかからないようにしていきましょう。

 

 

乳房とは逆に、お腹へのマッサージは中心部から外側へ行っていきます。
円を描くように進めていくのがコツです。

 

お尻や太ももへは、下〜上へ持ち上げるような感じがベストです。
脂肪や肉付きの良い部位のために、ついつい力がこもってしまいがちですが
あくまでも優しい刺激になるように心がけましょう。

 

 

どの部位へのマッサージでも同じですが、体質やその時々の体調などによっては、
マッサージ中にお腹が張ってしまうことがあるかもしれません。

 

そういう場合には、すぐに注意してゆっくりと休憩するようにしてくださいね。
張りが治まらないという時には、早めに担当医師に相談することが大切です。