陰部の臭いの元|セルフケアで行う理想のアンダーヘア

欧米ではごく普通である女性のアンダーヘアの処理も、日本ではそこまで重視されてこなかった歴史があります。

しかし最近ではようやく良い意味での欧米化が進み、実際20代の日本人女性の7割前後が、何らかの方法でアンダーヘアの処理を実施しているという実態がわかってきました。

ただ、理想のアンダーヘア処理の実現はそんなに簡単ではないようです。また、アンダーヘアは生理や残尿などにより、常に雑菌が繁栄している環境なので、陰部の臭い対策するにはアンダーヘアのお手入れも必須になります。

■理想の前に、まずは正しいセルフ処理方法を!
女性にとって、陰部の問題は深刻です。アンダーヘアの処理の問題も当然そこに含まれることになります。それだけに、アンダーヘアの処理に理想を求める意識が、特に若い女性を中心に高まっています。ただ、ひとつ明確に言える大前提があります。

それは、「アンダーヘアの処理の理想は、正しいセルフ処理の先にある」ということです。つまり、どれだけ見た目にこだわったとしても、正しいセルフ処理ができなければ、後々取り返しのつかない事態を招いてしまうリスクが高まるのです。

◇正しさの最大の指標は「肌への負担」
いったい何をもって正しいセルフケアといえるのか・・・という問題がひとつ浮上します。

上でお話したように、見た目をいくら理想に近づけたとしても、後々大きなトラブルを招くようなアンダーヘアの処理は、残念ながら正しいセルフ処理とは言えません。

正しいアンダーヘアのセルフ処理の大前提になるのが、肌への負担がないことです。アンダーヘアのセルフ処理を正しく行うためには、処理をしている間はもちろんですが、処理の前段階でもケアすべきところをケアしておかなければなりません。

◇アンダーヘアのセルフ処理の前に肌のケアをすべき!
いきなりカミソリやはさみなどを当てると、肌への負担が大きくなるリスクが高まります。

まずは、アンダーヘアが生えている部分ならびにその周辺部の肌を、ホットタオルなどで温めて、肌をやわらかくしておくことが重要です。これが「正しいセルフ処理」への第一歩と考えてください。

また、カミソリを使用するならシェービングクリームの使用は必須であることや、男性の髭剃りとは逆に、カミソリは毛流れに沿って行うことが、正しい意識になります。

もちろん、カミソリはとにかく優しく当てること、同じ部分に何度も当てないこと、日焼け後の処理は控えることなど、細かいケアも必要になります。

■VIOラインを意識して処理を進める
アンダーヘアの処理を正しく行う上で、やはりVIOラインを意識しないわけにはいきません。逆に、それ以外の部位の処理は、もはやアンダーヘアの処理とは言えません。

◇Vラインの処理
Vラインは、いわゆる「ビキニライン」のことを指します。水着や下着からアンダーヘアがはみ出さないことを意識して処理をすることが、Vラインの処理で最重要視される必要があります。

IラインやOラインにくらべれば処理しやすいラインなので、自信がないという女性は、まずはVラインからチャレンジしてみて、IOラインのセルフ処理が無理と判断したら、そちらはサロンや皮膚科にゆだねるという考え方も大切です。

◇Iラインの処理
Iラインとは、女性器の周囲全般を指します。ですから、イメージとしては狭義のデリケートゾーンということになるでしょう。

そういう部位ですから、失敗が許されないということを意識して、自信がない人は絶対に無理をしてはならないラインであると認識していただきたいと思います。

このラインの処理は、生理痔の蒸れなどの防止やセクシー下着の着こなしのためには効果的です。

◇Oラインの処理
肛門周辺の処理です。衛生面のことを考えるとぜひ処理したいラインですが、ただ、処理の難易度としては最も高く、安全第一を意識して施術すべき部位です。

引用元:あそこ臭い